2019年08月09日

ビアガーデン

大村です。
8月になりました。
毎日暑い日が続き、通勤の度に汗びっしょりです。

先日、事務所全体でビアガーデンに行きました。
社内の恒例行事として、毎年この時期に行きます。
場所は岡崎城近くのホテルの屋上で、
屋上からは岡崎城やライトアップされた乙川周辺が綺麗に見えます。

夕方に事務所を出発したのですが、夕方でも外は暑い。
その日は晴れていたので、ホテルの屋上は暑くないかと心配しましたが、
到着した頃には日も傾き、風もいい感じに吹いていたので快適でした。
なんといっても、1杯目のビールは格別ですね。

仕事の話も、プライベートな話も、みんな陽気に話していて楽しかったです。
このような恒例行事がある度に、もう1年経ったのだと思い、
少しずつ老いが進んでいるなと感じます。
来年のビアガーデンを楽しみに、老いに逆らいながら1年間頑張りたいと思います。
posted by morimotokouzou at 16:41| 日記

2019年08月02日

タイピング

森田です。

キーボードを打つときによく打ち間違いをします。

例えば、

お願い致します → 尾根ギア致します

となります。

私は右利きなのですが、どうも左手の薬指と小指の反応が遅いらしく、右手が追い越しているようです。onegai→onegia(i:右手中指、a:左手薬指 でiがaを追い越す)

いままでメールで尾根ギアのまま送ったことはないはずですが、万が一私からのメールで尾根ギアと書いてあったら、

「あぁ、すごく急いでいたんだな」と思ってもらえるとありがたいです。
posted by morimotokouzou at 13:43| 日記

2019年07月27日

柳と岡崎市

香月です。

「柳」と書きましたが、中日ドラゴンズの柳投手ではありません。樹木の柳です。
ドラゴンズファン・野球ファンの方々も最後まで読んで頂けるとありがたいです。

先日、NHKで放送されている「ネーミングバラエティ 日本人のおなまえっ!」を見ました。
この番組は名前にまつわる疑問を解決してくれる番組で、
人名はもちろんのこと、様々なジャンルの名前をテーマにして放送されます。
私はこのような番組が大好きで、時間があればついつい見てしまいます。

その時のテーマが「樹木の名前がつく名字」でした。
「杉」「柳」「漆」「桧」「樫」「松」が取り上げられ、
「柳」はタレントの柳沢慎吾さんがナビゲーターとして紹介してくれたのですが、
そのロケ地が岡崎市の矢作川だったのです!!
見入ってしまいました。

柳は土の中でヒゲ状の根をはって土の中で広がること、また、水中にあっても腐らずに育つとのことで、昔から堤防の法面に柳を植えていたそうです。
中でも矢作川の堤防は、江戸時代から存在する「柳支工(りゅうしこう)」と言われる工法を使って築かれていて、堤防の性能をアップさせていたとのことでした。

昨今、毎年のように日本のどこかで雨による浸水被害や土砂災害が起こり、その土地で暮らしている方々の生活を一変させる災害が多く、対岸の火事では済まないことだと思っていました。矢作川のそばで暮らしている身としても、とても心配していました。

柳がこのような木であることを全く知らず「お化けと一緒に描かれている木」というくらいの認識しかなかった私ですが、その柳の木に守られているという事実を知り、先人に感謝すると同時に無知はいけないと改めて感じました。

最後になりますが、柳投手、最多勝獲得してください!応援してます!
posted by morimotokouzou at 14:02| 日記

2019年07月26日

バリ島

上條です。

昨年、新婚旅行でインドネシアのバリ島に行ってきました。
雨季が終わりかけの時期に行ったので雨はほとんど降りませんでしたが日本の7月くらいの気温と湿度で、少し歩いてはクーラーが効いている屋内に逃げ込む毎日でした。

建物はほぼRC造か木造(組積造もあったかも)。空港が鉄骨造でしたがそれ以外はほとんど見かけませんでした。

以下、街中で見かけたRC造建物と施工現場の写真です。

↓雰囲気で組んでいそうな竹の支保工
IMG_9365.JPG

IMG_9434.JPG

IMG_9441.JPG

日本と比較すると柱や梁の部材断面も使用している鉄筋径もかなり小さく
また垂れ壁や袖壁が無い純ラーメンで水平力に対する余力が少なそうな印象でした。
インドネシアは環太平洋火山帯に位置し火山の噴火や地震が頻発しているのでこれで大丈夫なのかなと思いながら建物を眺めていました。
(先日も地震があったようです https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/895603
当然構造に関する単体規定はあるようで、また日本がインドネシアの建物の耐震化のための技術支援を行っているようですがどの程度普及しているのかは不明です。

色々考えさせられましたが
寺院の観光や街中の散策はとても楽しかったです。
納期が近い仕事も資格の勉強も放り投げて行った甲斐がありました。

IMG_9449.JPG
↑ングラ・ライ国際空港
posted by morimotokouzou at 09:46| 日記

2019年07月10日

設計者は不要か

大石です。
「コラム」は「ブログ」ではないと思い、唯一の良心と信じて面白くないことを書きます。
この仕事をしていると「はい」か「いいえ」のどちらかにする必要性がしばしばあります。
しかし、グレーの部分もあるのです。すべてが「はい」と「いいえ」で二分できるならば、
設計者は不要です。
コンピュータに条件を入力すれば勝手にやってくれるでしょう。
すべてが二分できません。さまざまな条件を見渡して最適であろう答えを作りだす作業が設計だと思います。
なので設計者はプロですが、回答に窮することもあります。困った顔をしていても一生懸命考えていますので、どうかあまり詰め寄ったりしないでください。
posted by morimotokouzou at 14:05| 日記