2019年04月09日

電車通勤

伴です
今年2月から電車通勤に切り替えました。

車通勤より良かったことは、ほぼ一日中座ってる自分にとって
電車の駅から駅、そこからのバスの乗り換えの間だけでも
歩くこと、やはり少しでも運動するので随分、足腰の感覚が違います。
最近何もなくてもふらつくことがあったのですが、駅の階段の一段飛ばしを
毎日やってるおかげで、だいぶ足腰がしっかりしてきました。

ただ電車通勤にも嫌な部分が無いわけではありません。

一番最初に気持ち悪く思ったのは、電車に乗った瞬間に
ほぼ全員に近い人がスマホの画面を見ているのです。

結構 満員電車で鞄を持ってみんな器用にスマホを見ているのです。
異様な光景とかでしかありません。
ちらっと画面が見えたりするとやはりゲームをやってる人が非常に
多いです。
気分転換にスマホを見るといいますが、全くの逆効果で休憩にもなって
ないし、リラックスもできないとのことです。神経が逆なでされるというか。

ただでさえ満員電車でしんどいのにみんなイライラしてるのに全員スマホとか
ありえないです。

もう一つ、電車の座席の争奪です。
雨の日とかは凄いです。

僕が立っていて斜め前の席が空くとどこぞのサラリーマンの方が
傘でその席をねじりこむように押えたのです。
確かに疲れて座りたいのは分かりますが、傘を突き刺すようにねじ込む
のは初めて見ました。
他にもリュックで座席を抑え込むとか。

スマホのやりすぎで電車通勤にも影響がででいるのですかね?
とにかくスマホはほどほどにという事でしょうか・・・・
posted by morimotokouzou at 13:49| 日記

2019年04月06日

池田です。

昨日は父の7?歳のお誕生日でした。

7?歳には見えないエイジレスな父です。

父の30代の写真をみて全然変わってないと
家族はビビっています。

若作りをしてるわけではなく
むしろ清貧をモットーにして
清く正しく生きています。

父はいつも正座で新聞やテレビをみて
大声で怒鳴るところも見たことがありません。

尋常じゃないくらい頭がいい理系人間ですが
それを隠す、寒い親父ギャグを言う以外
とても静かな優しい人です。

趣味は園芸で
毎日のように我が家の庭にいるので
おかかえ庭師のようになっています。
本人は庭師に間違えられる事をとても喜んでいます。

そんな父への誕生日プレゼントは
毎年 ユニクロのシャツでした。

清貧を好む父には、これが一番喜ばれます。
父が普段いつも同じ服を着ていることに
不満をもつ母も喜びます。

最近、ヒットしたプレゼントはネクタイです。

私の娘が父の母校に進学して
父はとても喜んでいたのですが、
学校の購買(勾配と変換されるのは職業柄)で
販売されているものです。

サンマの骨のような独特な校章がトレードマークで
その校章入りで職員用のものでした。

父は職場に同じ母校の人が3人いるらしく
自慢してくれているようです。

今年は何にしようかな・・
学校名がでかでかと書いてあるリュックも
販売されているそうなので
おもしろそうと狙っています。

娘ならではの楽しみです。





posted by morimotokouzou at 09:20| 日記

2019年03月30日

私はなで肩です

奥埜です。
オクノと読みます。
たまにオクソと間違われますが、そこはかとなく貶されている気持ちになるので覚えてほしいです。

私はよく「〇〇なのに〇〇じゃない」と肩を落とされることがあります。
例えば、
「"身長が高い”のに"運動ができない”」とか
「"関西人”なのに"面白くない”」だとか言われたい放題です。
勝手に期待しておいて肩を落とされます。

「ほっといてくれ。身長高いからって運動できると思うな!
 関西人が全員面白いこと言うと思うな!マサイ族が全員視力が良いと思うな!」
と言いたくなります。

しかし、人は他人の持つ属性に期待を寄せるものだと感じます。
他人にこうあってほしいと勝手に期待してしまいます。
身長が高いとバレーやバスケなど、身長を活かしたスポーツをやっていたのかと連想されたり、
関西圏以外の人からすると関西人は馴れ馴れしく面白そうなこと言ってくるものだとか期待されます。
自分もマサイ族はみんな目が良いと勝手に期待していますが、彼らの中にも目が良くない人もいるわけで、
いざその人を目の前にすると肩を落とします。(マサイ族の目が悪い人すみません)

私はこの仕事に就いてまだまだ経験が浅いです。
取引先の方からは構造設計者として期待していただくので
肩を落とされるなんてことの無いように精進していきたいです。
むしろいかり肩にさせるような構造設計者を目指します。

続きを読む
posted by morimotokouzou at 21:37| 日記

2019年03月23日

スーパースターの引退

岸田健です。

 先日、イチロー選手が28年間のプロ野球選手生活を引退しました。僕は小学校2年生から高校まで野球をしていて野球が好きだったので、メジャーリーグで活躍する姿をいつも見ていました。試合前から準備を常に怠らないで、大きな怪我もなく試合に出続けているイチロー選手はプロの中のプロだと思いました。
インタビューを聞いていても他の選手とは違う考え方であったり、野球に対する姿勢がとても素晴らしかったです。
 
 最後の試合のが終わった後にイチロー選手の会見があり、その中で心に残った言葉がありました。
それは

「成功するからやってみたい、それができないと思うからやらないという判断基準では後悔を生むことになると思う。やりたいならやってみればいい。やりたいと思えば挑戦すればいい。その時にどんな結果が出ようとも後悔はないと思う。」

この言葉を聞いて、自分自身に当てはめてみたら今までで、できないと思ったら諦めていたことがあり、結局後悔していた自分がいました。

 これからの人生は後悔したくないので、イチロー選手の言葉のように出来るか出来ないかの判断で決めるのではなく、やりたいと思ったら挑戦していきたいと思います。


posted by morimotokouzou at 19:30| 日記

2019年03月16日

部屋の大掃除

瀬戸川です。

年末年始は実家に帰っていて、大掃除をせずに今まで過ごしていました。
今のアパートに引っ越してきて1年ぐらいになるが、最初の1~2ヵ月はしっかりと掃除をしていた。
しかしその後、まったく掃除をしなくなり部屋がとても汚くなっていた。
なので、先週の土日に大掃除をしようと思い、重い腰を上げて掃除を始めた。

掃除を始めて、ペットボトルが部屋のいたるところにあることに気付いた。
ベットの裏やテレビの裏、押し入れの中にまで落ちていた。
全てを回収し終えたらなんとゴミ袋2袋がパンパンになるくらいの量があった。
近所のスーパーにペットボトルなどの回収場所があったので持って行き捨てたのだが、自分の持ち込んだペットボトルで回収箱がいっぱいになってしまい、申し訳なく思いながら自宅に戻り掃除を再開した。

その後、トイレ・風呂・台所を掃除し、埃とゴミまみれの部屋をキレイにし、最後に冷蔵庫の中の物の整理を始めた。
消費期限が過ぎ異臭を放つ物が色々とあり大変だった。
掃除を終えキレイになった部屋を見て、気持ちがスッキリとした。
最近体調を崩しやすかったが、原因がわかった気がした。

月曜の朝に大掃除で出た2袋分のゴミを捨て、これからは心機一転し定期的に掃除をして部屋をキレイなまま日々生活していこうと思います。
次回の自分がコラムを担当する際、同じような話をすることがないよう努力していきます。
posted by morimotokouzou at 09:09| 日記