2019年02月16日

3分間スピーチ

川村です。

うちの事務所は毎日朝礼がありまして
朝礼の終わりに3分間スピーチというものがあります。

全員が月に1回、順番に担当するようになっています。
スピーチの内容は、
最近の出来事、気になっていること、休みの日の過ごし方や趣味の話など…
人によって様々で、テーマが決められているわけでもないですし、
難しい話もしなくて大丈夫です。3分間を計っているわけでもありません。

ほぼ仕事をしている姿しか知らない人の考えていることや
職場以外の行動を聞くことが出来るので、私は案外毎朝楽しみにしています。

ただし、
自分の番になると話しは別で、何を話そうかとても悩みます。
帰省シーズンは実家の話など、話しやすいことが多いのですが、
普段はあっという間に1ヶ月が過ぎ去ってしまい人前で話せるようなことが少なく
1ヶ月もあったのに何をして生きていたのかと、我ながら不思議に思うことも多々あります。

最近は笑い上戸で聞き上手な方が何人かいるので、
なんてこともない話も楽しそうに聞いてくれますが、
日頃からいろいろなことに興味を持ってちゃんと考えながら生活したいとよく思うものです。

最近私が面白かったと思ったスピーチは、
3日間連続で前日の人に続き、地元のラーメンの話をするというものがありました。
京都・富山・鹿児島と地域の特色を想像しながら聞けて楽しかったです。

他にも工夫された面白いスピーチはたくさんありますが、とても書ききれませんので
このあたりで。
posted by morimotokouzou at 09:21| 日記

2019年02月12日

休日の過ごし方

西原です。
 2月に入り寒さも厳しくなり、平日休日構わず布団から出るのが辛いです。
なので、最近の休日は1日の半分以上を布団の中で過ごしています。
 
 そんな中、つい最近自分が休日に楽しんでいることはプラモデル作りです。基本的には自分がなんとなく気になったものを選んで買っています。以前友人に勧められて一つ買って作ってみたところ、思いのほか楽しくなりその後も幾つか買って作っています。塗装などの凝ったことはせず、説明書通りにパーツを組み、所定の位置にシールを貼り完成させます。作っていて一番楽しいことは、完成していく過程が目に見えて分かることで、わくわくしてきます。一通り作り終えると机の一角に飾り眺めます。ここまででひとまず完成といったところで、短くて3時間、長くて7時間ほどです。
 まだ始めたばかりなので、そんなにたくさんのものや難しいもの、拘ったことはしていませんが、そのうち多少拘ったこともしたいなと考えています。
 休日なので遠出をしたいや体を存分に動かしたいといこともありますが、いまは机に向かいちまちまと作る時間が最高に楽しいです。

 趣味の一つでも持って休日を無理せずゆっくり楽しく過ごせられればいいと思います。
 プラモデル作りで多少夜更かししましたが、月曜日からまた頑張ります。
 
posted by morimotokouzou at 18:13| 日記

2019年01月28日

建築好きですか

大林です。
皆様は建築が好きですか?
1年前、BAUHAUSのマウスパッドを使っていたのですが1名以外興味を持ってもらえず、ある設計者の方は全く知らないとおっしゃられてショックを受けました。
建築を仕事するからにはある程度建築が興味の対象であり、楽しめなければならないと思います。私は学生時代は、伊藤豊雄氏や手塚貴晴氏の講演会や仲間でつくったグループでと竹などで工作物の作成をしたりや県外の建物を見て回ったりとしていましたが、社会人になると皆休日ぐったりとして私もぐったりしてなかなかいけません。
幸い先の年始には時間があったので豊田スタジアム・大橋を見てきました。GPL-50や極太のテンションロット、橋の大アーチなど普段目にかかれない部材のスケール感がわかり勉強になりました。

IMG_7176.JPG※画像 2018年撮影 広島アストラムライン新白島駅
以上やる気のない角型鋼管でした。
この場合の意味は個人的な分析・意見が含まれている記事だそうですが。

posted by morimotokouzou at 12:00| 日記

2019年01月21日

インフルエンザ

森山です。

先週のコラムと同じく病院の話ですが、内容はタイトルの通りです。

先々週の週末39.6℃という私史上最高体温を記録しました。
次の日病院に行きました。
祝日という事もあり、人が非常に多く病院に着いてから受付に到達するまで、30分近くかかりました。
(列は受付から駐車場にまで続いていたため、ほぼ外で30分待ちました。)

受付について熱を測ろうとしたのですが、人が多く体温計は受付に無い状態でした。
受付の人が「あ、これならありました」と出したのはおでこに当てて測る最新式?の体温計でした。
それで1秒もせずに体温が測られました。
それが問題でした。30分近くほぼ外にいたため、指先はもちろんおでこなんて冷え冷えです。
受付の人が「36.2℃です。熱は無さそうですね。」と言った時、言い返せばよかったんですが、
39.6℃の熱が出ている人はそんな事を言い返す元気なんてありません。
診察の時に言えばいいかと軽く考えて、診察まで時間があるので一度帰宅しました。
家でもう一度熱を測りました。(脇に挟むタイプにて)
39.6℃でした。はい。

11時半頃と言われていた診察も結局は2時頃になりました。
タイトルから分かる通り、インフルエンザと診断されましたが、受付で測った体温を見て判断したのか
「もう治りかけですね」と言われました。
私は家で測った体温を伝えたんですが、全く信じてない医者の答えは変わりませんでした。
まぁ、医者に信じてもらえなくても薬がもらえればいいかと考えていました。
が、医者から「インフルエンザの薬は初期に服用しないと意味がない」と言われ、「薬を出してください」と言っても「意味がないので出したくありません」とのことで何度言っても薬はもらえませんでした。
もうちょっと強く言えばよかったなと後悔しました。
結局解熱剤と痛み止めという風邪の時と同じような薬をもらって帰りました。

もちろん、普通の風邪薬がそんな効くはずもなく次の日には40.2℃まで上がり死ぬかと思いました。
その次の日には38℃台まで下がりましたが、高いことに変わりはありません。
祝日で患者も多く忙しいのもわかりますが、薬は出して欲しかったです。
おかげで最高体温を二度も更新してしまいました。

以上、来年は予防接種を受けることを決意した出来事でした。


posted by morimotokouzou at 18:47| 日記

2019年01月19日

病院

大村です。

冬になると風邪やインフルエンザが流行し、病院に行く機会が増えると思います。
そんな病院での出来事について。

病院では看護師さんに名前を呼ばれますが、私は約2割の確率で「木村さん」と苗字を間違われます。
確かに、私の苗字は「大村」で、ぱっと見では「大」の真ん中に縦線があるのかないのかが区別ができないのかもしれません。
しかし、振り仮名を書いている場合ではどうでしょうか。
この場合だと「オオムラ」と「キムラ」となり、間違える方が困難な状況です。
問診票の字がいくら汚くても、私には非が無いのではないでしょうか。
実際は、体調が悪い状態で頭がボーっとしているので、苗字の間違いなんてどちらでもよいのですが・・・

数ヶ月前、風邪を引いたため、病院に行きました。
その日は名前も間違われず、滞りなく診察が終わったので、安心して待合室に座っていたら、事務所の同僚(女性)の名前が呼ばれました。
さっきまで居なかったよなと思っていたら、目の前に現れたのは見知らぬお爺さん。
他人だとは薄々わかっていたが、まさかのお爺さん。
病人であることを忘れ、笑いをこらえるのに必死でした。

今年は病院にお世話にならず、元気に過ごしていきたいものです。
posted by morimotokouzou at 16:03| 日記